ネットオークション

落札されるコツ〜もっとも肝心!商品写真に力を入れよう!

更新日:

商品撮影

ここで、不用品でも落札しやすくなるコツを教えましょう。これはオークションでもネットショップでも同じですが、写真の撮り方です。それには次の3つを念頭に写真を撮ります。


(1)いかにキレイに素晴らしく見せるか

たまに商品を無造作において、記念写真のような普通のアングルで撮った写真で出品されている方を見ますが、それではなかなか落札されません。

カメラ三脚基本ですが、まず商品をキレイに磨いていろんな角度で、そしてパーツのアップなどを必ず撮りましょう。その際、手ぶれを防ぐために出来るだけ三脚を使って下さい
また、商品の背景も気にしましょう。余計なものが写り込まないように、できれば無地の紙や生地などをバックしてに撮りましょう。

(2)包み隠さず正直に

傷んでいるところなども、包み隠さず写真に撮りましょう。隠すとトラブルの元になりますので、正直に表現して下さい。商品にキズがある場合などは、キズの部分をアップにして正直に見せるようにします。

(3)使用シーンを想像できる写真を撮る

これが一番大事だと思います。つまり、落札者が購入して、使用しているシーンを頭に描けるような写真がベストです。
キレイに撮影するだけで売れる商品もありますが、単純にキレイに撮っただけでは売れない商品も多々あります。

例えば私の場合、バイク用の手袋を出品した時は、単に手袋を置いて撮る(置き撮り)だけではなく、実際にバイクのシートにヘルメットと手袋を置いて撮った写真を数枚加えました。(写真参照)

バイクグローブちょっとした手間ですが、このような写真を加えたとたん一気に落札が増え完売できました。おそらく、落札者の方は、シートにヘルメットとグローブがおいてある絵は、その人の日常のシーンの中で想像できたのだと思われます。
つまり、使用シーンを想像させる写真を撮るようにするのがコツです。

また、画像加工ソフトを使える場合は、より写真を良く見せるよう加工しましょう。特に明るさに気をつけて下さい。よく見かけるのは写真全体が暗いために、実物の色と全然ちがっていたりします。

写真はできるだけ明るい方が、反応が良いと思われます。

 

レポートプレゼント

メールマガジン登録





-ネットオークション

Copyright© アクティブシニアがネット時代に描く50歳逆転のシナリオ , 2018 AllRights Reserved.